宮司挨拶

宮司挨拶

祈願合格神社勤酬会入会のご案内

年間祭事

年間祭事

御祭神の小野良実は小野小町の父と伝えられている人です。

良実公は、あらぬ罪を着せられこの地へ流刑されましたが、ニ上の横山に手を合わせ、国の繁栄を願い、真に理想的な正しい世の中になるようにお導き下さいと祈願されました。

良実公は大木の枝を五角に削って杖を作り、願いを杖に刻み入れ、来る日も来る日も山道を登りニ上の横山に向かって「無双の誓願(比較するものの無いほどの熱烈な願い)」を捧げられました。
その結果見事に祈願成就され、流刑前以上の地位についたといわれています。

無双の誓願は、目標を定め、自分の力の限り努力し、祈ることです。
そうすれば必ずやニ上の横山のパワーと小野良実公の力で願いが叶うでしょう。

祈願合格神社は、目標に向け努力した人、努力を誓う人に運と勇気を与える神社です。
世界一、日本一、地域で一番を目指し努力している人、又は自分の目標に向け努力し限界に挑戦している人、努力すること祈り誓い、それを実践される人に参拝祈願して頂いております。

目標が曖昧な人の参拝祈願は固くお断り申し上げます。

ご参拝の作法

当社は二礼五拍手一礼にてお参りいただきます。
拝礼は、今日までの感謝と努力の報告です。

五拍手とは

一、天

ニ、地

■天地和合

最初の二拍をもって天と地を結ぶ。


三、有象
四、無象

■万物和合

次の二拍手をもって象(かたち)有るもの、象無きもの、天地の織り成すあらゆるものを結ぶ。


五、誓願

■祈願合格

天地が結び、万物が結ばれ、最後の一拍手をもって皆様の誓願が合格へと連結される。

ホーム宮司挨拶合格神社についてお守り・縁起物交通案内